デザイン・雑学

デジタルハンドメイド!新しい伝統工芸。

hitotoi vase ジュエリー

こんにちは、金胎陶芸アクセサリーブランドhitotoi(ひととい)の犬塚です。

今回はハンドメイド作品の新しい可能性、

「デジタルとハンドメイドのハイブリッド」

についてお話ししたいと思います。

デジタルデザインとその先へ

パソコンで立体をデザインするなんてすごい!って思われていたのはもうだいぶ昔で、今はむしろデジタルは冷たい、ハンドメイドの温かさがやっぱり一番っていう原点回帰している感がある気がします。

プロダクトデザインなんかはほとんどがCADを使い、立体データを作り金型を作って、というデジタルプロセスが入っていますが、ジュエリーでも近年ではデータをCADで作り、3Dプリンターで出力したものを原型にするという流れがあります。

私はデジタルで造形された論理的で美しい曲面などを持つ作品はとても好きですし、自分でもそのようにデザインします。計算されたデザインはとても美しいものがあります。

しかし、型を使った商品は誰でも同じものを手に入れられるので、ハンドメイドのような特別感はありません。ハンドメイドの良さはそれしかない一点物であるという事と手作業で作られたという事だと思います。

デジタルの計算されたデザインを生かしながら、ハンドメイドのような一点物としての良さや、手作業のぬくもりを生かしたジュエリーができないか?

それこそが「デジタルとハンドメイドのハイブリッド」が目指すものであり、可能にする新しい領域です。ではその新しい領域とは?

hitoto sample necklace

持ち主にとっての特別さを求めて

私は理系の大学を出てから、ジュエリーの世界に入った(しかも初めは職人系)という少し変わった経緯があります。

この世界に入るまで絵などほとんど書いたこともないため、初めは伝統工芸などの技術にはまり、次には頭で考えるタイプのコンセプチュアルジュエリーへ、そして自分の絵心のなさを補うためにデジタルジュエリーへと作るものが移行していきました。

ただ、ずっと心にあったのは、「人にとって心に残るジュエリーを作ること」でした(ジュエリー科の卒論を「エモーショナルジュエリー」と題して書いたほどです)。

ではデジタルとハンドメイドどちらがより「人の心を引き付け、心に残る」のでしょうか?

たぶんそれはハンドメイドです。しかし、デジタルにしかできない心への残し方もあります。その一つが私が開発した「声で作るジュエリー」です。今回は話がそれるので、その話はまた別の記事で。

伝統工芸的ハンドメイド、デジタルデザイン双方を経て思ったのは、「どちらも捨てがたいほどよさがあり、着けていただける人にとってもどちらも思い入れになる。」というありきたりな結論でした。

hitotoiなら両方叶えます。そう金胎陶芸でね。

「両方優れているのなら両方使えばいいじゃない」という安易な発想は時としてとても大事です。そしてそれを実現できる技術があるからこそ実現した、未知なる世界があるのです。

hitotoi vase accessories

デジタルでハンドメイド

こちらのツボのようなジュエリーはCADでデザインしたジュエリーです。

CADでなくてもできる形状ですが、こちらの形状はプログラミングを使い数値を変動させると形ができるようになっています。

そしてできたデータを3Dプリンターで出力する。このプロセスにより、すべて違った形状のデザインをそんなに時間をかけずに数多く作りあげることが可能になります。

これはかなりデジタルならではの画期的なことで、従来であれば手作業で時間をかけて作っていた1点物造形が、通常の量産品とそんなに変わらない金額で商品としておだしできるようになるのです!

こう言ってしまうと楽をしているようですが、デジタルデザインならではの苦労もたくさんあります(この辺もまた後程別の投稿で)。

そうして作り上げた銀製品を手作業で磨いていきます。通常のデジタルジュエリーであればあとはメッキをかける、宝石を留めるなどして終わりですが、ここにhitotoiの独自技法「金胎陶芸」をかけていきます。

金胎陶芸は金属に陶芸の釉薬を焼き付ける技法です。金属に陶芸のようなハンドメイドならではの奥深く、一点一点異なった表情を追加することができます。

陶器で作るアクセサリーは強度的にもどうしても厚めで野暮ったくなりがちですが、金胎陶芸ではデジタルの魅力でもある薄くてシャープな表情を保てます。

こうしたプロセスを経て、ありそうでなかった、まさにハイブリッドならではの表情が出来上がるのです。

さらなる可能性を探して。

金胎陶芸を使った「デジタルとハンドメイドのハイブリッド」はさらなる進化を遂げている最中です。まだ実験段階ですがその名も

デジタル鍛金

まだ具体的なことはお話しできませんが、近々発表できると思います。

いかがでしたでしょうか?

楽しんでいただけたら嬉しいです。

hitotoiの金胎陶芸アクセサリーの世界は、たぶんまだ知られていない世界です。少しでも多くの方に体験してもらいたいので、サンプルを格安でお出ししています。ぜひいちどオンラインストアで見てみてください!

また、BASEアプリでフォローしていただければ、クーポンなどのお得情報をお届けいたしますので、ぜひアプリでフォローしてみてください。

アプリからはこちら

hitotoiはインスタとフェイスブックもやっていますので、面白い記事だと思っていただけたら、いいねやフォローなどしていただけるとうれしいです!

インスタは hitotoi_1101

フェイスブックは hitotoi

それではまた。


コメントを残す

ニックネームなどでかまいませんので、お名前(必須)をお願いします。

CAPTCHA