仕事のよもやま

hitotoi(ひととい)in メタマテ


hitotoiのブランドカードをmeta mate(メタマテ)さんに

先日出来上がったばかりのhitotoiのSNS情報などが記載されているブランドカードを、誠品生活内のメタマテさんに届けてきました。展示風景の写真も取ってきましたので、それも含めてご報告を。

さて、コレド室町テラスの誠品生活内にあるメタルギフトショップmeta mate(メタマテ)さんで開催中の4人(ブランド?)展である 「金属と造形」 展ですが、搬入時に見たときよりも、商品が増えていたりして、見ごたえがかなり増していました。

納品時にお会いできなかったis irさんの作品も、さすがコンテンポラリージュエリーといった感じの展示方法になっていて、すっきりと見やすく、作品の個性を引き立たせるように飾ってありました。

また、 志村リョウ(造形作家)さんの錫を使ったかばの造形作品や、 86400″さんの銅絞りを使ったプレートなども前回と少し配置換えや商品が増えるなどして見やすくなっていました。

hitotoiの金胎陶芸アクセサリー展示

では、hitotoiの金胎陶芸アクセサリーはというと、こんな感じに展示をしてあります。

背後にはis irさん。そしてそのさらに向こう側には360℃スキャナーが怪しく光っていますね!このスキャナーではほんの一瞬で全身スキャンが完成して、有料ですが3Dスキャンしたカラーデータをもらうことや、3Dプリンタで印刷したり、鋳造したものを購入することもできます。楽しそうですね!!

私の展示は陶芸の和の雰囲気を出しながらも、コンテンポラリーな雰囲気になるように展示台からピアスホルダーまですべて自作で作っています。

ブランドカードを置いている革っぽいトレーも、hitotoiの犬塚が丁寧に和紙を張り、柿渋などで染めた一点もののトレーなんですよ。何度も染工程を施して、むら感や高級感を出しています。結構時間のかかる作業なんです。

今回新しく作ったリング4点はこんな感じです。

今思えばリングをもう少しきれいに並べ直してから写真を撮ればよかった・・・

hitotoiのオリジナルの専用ジュエリーボックスも一緒に並べてあります。

リングは黄色、青、白、ピンクなどを使った模様が特徴です。紅葉の季節にもクリスマスにも、寒くなってきてコートなどを羽織ったコーディネートにも存在感を失わずに、素敵にてお手元を飾ってくれますよ。

その他にもデジタル鍛金で水面の波紋を作り上げたおおぶりピアスや、エアーコレクションのブローチなど、これからの季節にぴったりな作品がたくさんありますので、是非とも一度見にいらしてください!

誠品生活内メタマテ で開催中の「金属と造形」 展 詳細

一応こちらにも詳細をもう一度記載しておきますね

meta mate art & craft project #2
「金属と造形」

メタマテ店内にて行われるアーティスト作品の展示販売企画展第2弾はデザイナーたち、アーティストたちによるメタルプロダクト展。

アート・オブジェ作品、アクセサリー、テーブルウェアなど金属ならではの良さがつまった作品・製品が並びます。

会期:2019年11月1日(金)~11月30日(土)
会場:メタマテ誠品生活日本橋店 (コレド室町テラス2F)
営業時間:10:00~21:00 年中無休

志村リョウ(造形作家)
is ir (コンテンポラリーアクセサリー)
86400″(プロダクトデザイン)
hitotoi (金胎陶芸アクセサリー)

本当に面白いのでぜひ!

hitotoiのオンラインストアも見てみてください。

遠方で見にいけない!期間中忙しい!などというかたにはオンラインストアもご用意しています。金胎陶芸アクセサリーを購入してみたいという方はぜひオンラインストアをチェックして見てください。

hitotoiの金胎陶芸アクセサリーの作品はすべて模様が違った一点ものです。meta mateさんにあるものはオンラインにはありませんし、オンラインに表示されている金胎陶芸アクセサリーはお店にはありません。

出会った時が購入時ですよ!

hitotoiの金胎陶芸アクセサリーとの一期一会をぜひお楽しみください!!

hitotoiでは、インスタ、ツイッター、フェイスブックでも金胎陶芸アクセサリー独自の世界観ある写真や情報を発信しています。ぜひフォローをして金胎陶芸アクセサリーの世界を楽しんでいただけるとうれしいです!

インスタは hitotoi_1101

ツイッターは hitotoi_1101

フェイスブックは hitotoi です。