金胎陶芸アクセサリー hitotoi(ひととい)

hitotoi(ひととい)の特徴

独自技法「金胎陶芸」の技法を用いて、陶器の持つ柔らかな温かみと、貴金属のシャープな華やかさが融合したジュエリー・アクセサリーを制作するブランドです。釉薬を金属に焼き付ける金胎陶芸は様々な条件により、同じものが2つとない模様を作り出します。

偶然に左右される釉薬を扱ったジュエリーだからこそ、完成後の模様をしっかりと想像しながら、手作業で一つ一つ丁寧に作っています。心を込めて作った世界で一つだけの金胎陶芸アクセサリーとの一期一会を楽しんでいただけたら幸いです。

hitotoi 金胎陶芸ジュエリー ペンダント
hitotoi 金胎陶芸釉薬 BK01

独自技法「金胎陶芸」とは

金属に陶芸釉薬を焼き付ける技法で、hitotoiの独自技法です。陶芸の釉薬を使うことにより、陶器のようなテクスチャーや微妙な色のグラデーションを金属上で表現できるようになります。

全てのお客様にすべて違った一点物のアクセサリーをお届けできるように、テクスチャーや色など、より良いものを求めて、独自の釉薬を研究し続けています。

About hitotoi

千利休の言葉に「稽古とは一より習ひ十を知り十よりかへるもとのその一」というものがあります。
この言葉には色々な意味が込められていると思いますが、hitotoiでは「表に見える一つには十の奥深さがある」と解釈ました。お客様の「ジュエリーがほしい」という思いにはどんな十があるでしょう。
一(ジュエリー)を望まれるお客様の十(心の中の見えない願い)をかなえられる一(ジュエリー)でありたいとの思いから、一(ひと)十(とお)一(いち)・・・hitotoiと名づけました。