デザイン・雑学

enha 1000人の応援はなぜ1,000じゃない?

1000人の応援が1,000でない理由を紹介

1000と 1,000 、小さなこだわりに隠されたデザインの極意

hitotoi(ひととい)の犬塚( @hitotoi_1101 )です。

声で作るジュエリーenha 1000人の応援をもうすぐクラウドファンディングで発表します。

そこで、プロジェクトメンバーなどからよく質問されたことをブログに書いていこうと思っています。

声で作るジュエリー enha 1000人の応援の表記についてです。

コンマを入れるか入れないかの違いなのですが、実はそこにちゃんとした理由があり、それこそがhitotoiが大切にする「作り手ではなく受けての気持ちを考えた作品」ということにつながることなのです。

実はコンマがないと嫌なんです。

私はもともと理系なので、数字やアルファベットに全角文字文字が使われていたり、1,000等のコンマや空白がないと何となく嫌な感じがします。

ではなぜ、あえて1000人の応援はコンマを入れないのでしょうか?

それは1000人全員がつながっているということを表すためにあえて、コンマを外しているのです。

この辺りの経緯について少しお話しします。

プロジェクトだからこそ気付けた1000人への想い

声で作るジュエリー enha 1000人の応援は一般社団法人honmono協会との共同プロジェクトと言う形で進めてきています。

プログラミングもほぼ終わっていて、デザイン、コンセプトなどを何度も打ち合わせして一緒に考えて進めてきました。

enha 1000人の応援プロジェクト打ち合わせ風景

打ち合わせなどでも、プロジェクトメンバーが1000人などと表記していたのを直していたぐらい、はじめは普通に1,000人と表記していました 。

しかし、何度もやり取りをしているうちに「1,000人の応援」と言う言葉がどこかよそよそしく、感情がこもっていない気がしてきました。

何がいけないんだろう?と考えました。

応援より「おうえん」のほうがいいかな?千人?いや応援じゃなくてメッセージのほうがいいかも・・・・

とにかく色々考えました。

で、至った結論が

コンマがあるから1,000人が人の集まりではなく数に見えるのだ!ということです。

1,000と言うのは数字です。

このプロジェクトで集めているのは「1000人の想い」であり1,000人という数ではありません

そこに気づいたからこそ、声で作るジュエリー enha 1000人の応援は1,000人ではなく1000人と表記しているのです。

プロジェクトとして、人とやり取りをするからこそ気付けたことかもしれません。

声で作るジュエリーenha 1000人の応援 の表記に見るデザインの意味とは

デザインと言うと形や色を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、文字の表記方法を決めることもデザインすることの一部です。

「enha」のロゴの形や色を決める事だけでなく、「enha」を「Enha」と書くか「えんは」と書くか、「1000人」と書くか「1,000人」と書くかを決める事もデザインなのです。

そんな事でどうでもいいんじゃない?と思う方もいるかもしれませんが、こういった細かいことで受け取る側のイメージは変わります。

私が感じていた1,000人と言う表記がどこかよそよそしいという感情。

それはどうでもいいと思っている人にも、心のどこかで受け取ってしまうメッセージとなって伝わります。

つまり、enhaのネックレスを付けてる人に気づかないうちに、この「ネックレスどこかよそよそしい」さを植え付けてしまうことになります。

デザインとは「当たり前を疑い、そのものの本質に気づくこと」であるといえるでしょう。

今回の1,000人と言う表記の「当たり前」の意味に気付けたことで、声で作るジュエリーenha 1000人の応援を見た人の心に、無駄なマイナスを与えてしまうリスクを一つ減らすことができました。

今回の本質は「1000は数ではなく想いの集まり。だから1,000という数を表す表記ではなく、ひと(人)つながりを表現するには1000と表記する」ということでした。

ひとつなぎの秘宝ならぬ、ひとつながりの想いなんです!

見えるデザインと見えないデザイン

今回のこういった考えはほぼ見えないデザインと言えるかもしれません。

しかし、私が目指す「受け取る側が気づかずに望む十を満たせる一であるジュエリー・アクセサリー」にはこういった細かい見えところに気を配ったデザインも大切になってきます。

特に今回は1000人もの大勢の「想い」が詰まったネックレスを作っているのですから、よけいに気を付けたいことです。

今回は1000人と言う表記について、デザインという視点からなぜそうしたのかを書いてみました。

表記がほんの少し変わるだけで受け取る側のイメージが変わるという、ものすごく細かいことですがとても大事なことなんです。

これからしばらくはenhaについての情報をこちらのブログから発信していこうと思っています。

声で作るジュエリー enha 1000人の応援では、1000人の方の応援メッセージを集めています。

興味を持っていただけた場合はは enha 1000人の応援参加フォーム より動画を投稿してください!

お待ちしております!

hitotoiでは、インスタ、ツイッター、フェイスブックでも情報を発信しています。ぜひフォローをして金胎陶芸アクセサリーや声で作るジュエリーの世界を楽しんでいただけるとうれしいです!

hitotoiのインスタ hitotoi_1101
enha 1000人の応援のインスタ enha1000

hitotoiのフェイスブックは hitotoi
enha 1000人の応援のフェイスブックは enha1000

ツイッターは hitotoi_1101

です。

それではまた